高木社長訓話
募集要項
履歴書応募用フォーム
 

 

 
なんとなく、会社に来て、らしきことやって、自宅と会社を往復・・・
なんてつまらない根性の奴はいらない。
自分で考え、人のアイデアをのぞき、人の仕事を邪魔しながらアイデアを練る、未来への夢を描き、そして形にする。そんな奴が存分に働ける場を提供したい。
もちろん、お客様にお役に立ち、社会に貢献し、対価を支払っていただけなきゃ、ビジネスではなく、趣味になってしまうが。

 
自分を磨けないやつは駄目だ。いつ何があるかわからない。ちょっとしたことをチャンスにしろ。チャンスにできない奴は運が悪いのではなく、自分を磨いていないからだ!
他人とぶつかることを避けていては前には進めない。仕事や生き方で他人とぶつかれ!ぶつかって勝てなければ、そこには原因がある。原因がわかれば、解決方法もわかる。
何もしなければ何もわからない。自分が傷つくことを恐れるな!
当社では小さいながらも、教育研修制度は強化している。議論の場もどんどん保障する。すべての源泉となる健康にも注意してもらえるよう健康診断や生活習慣指導の機会をつくっている。

 
自分ができること、自分の可能性をアピールしてくれ。
他人が面倒を見てくれると思うな。
経済社会では、自分の労働能力を売り込み買ってもらわなければならない。会社も同じ。自分をアピールできない奴な会社をアピールできるか?仕事を発注してくれるか?対価をきちんと払ってくれるか?
当社は大企業ではないからこそ看板で仕事するんじゃなくて、能力で仕事するんだ。学歴や論文がなくたって、必死で延々と仕事するのもひとつの方法だ。(そのままでは困るけど。)
ビジネスに役にたつことなら、どんなことだって良い。
世界で通用する人材になるには、自分が何ものであるかを常にアピールできなければ誰も振り向いてくれない。
そう、いい忘れていたが、マックス・コムは世界を目指している。
毎年、米国を中心に仕事を兼ねた研修を実施。和訳・英訳は日常の仕事なのだ。

 
目先ばかり見るな。山が大きいか小さいか、険しいか楽か。全体を見なければわからない。
幸い我々は大企業ではない。全体を見ようと思えば見える。ただ、扱っているのはマーケットだ。消費者であり、読者であり、視聴者であり、そこには生活があり、人生がある。
多くの仕事はB2Bだが、Bの仕事の根幹はそこから来ている。業務になるとつい見失いやすい。根幹を抑えていないと、できた風でも足元をすくわれる。
仕事が、お金が、情報が、どこからきて、どこに行くのか?
それが見極められれば、君は合格だ。


  
 
 
Copyright (C) MAXCOM. All rights reserved.